フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ご用はこちらへ・・・

  •   MAIL to ルキノ
        
無料ブログはココログ

366日の花個紋


« 今夜はイブ? | トップページ | 真夜中の個室より »

2011.09.05

心優しい皆さんへ

一年半前から経過観測がされ、決定された手術日が遂に来てしまいました。
朝から点滴等の準備で慌しいと思われるので、記事UPを予約していくことをお許しください。

昨年、骨折した際に見つかった巨大な子宮筋腫。
痛みや不正出血等の症状を現すことなく、何年もずっと潜んでいたモノです。
その頃は今よりもっと太っていたので、ただのメタボなお腹だと思っていたら、婦人科の先生もビックリするほどの大きさにまで育てていただなんて。

結婚してから風邪もひかない超健康体と油断していたツケが回ってきたのでしょうか?
毎年春に市の健康管理課から送られてくる健康診断も、婦人科の検診を受診することなく。
それが今、こんな形で仕返しをしてくるとは。
全ては自らが招いた結果のはずなのに、今一つ他人事のように感じている自分がいます。
何度も先生から説明を受け、処置をされているにも関わらず。
未だに自分の身に起こっている事とは実感できずに。

皆さんがこの記事を目にされる頃、私の手術が始まっているはずです。
もう麻酔は効き始めているでしょうか?

手術前の説明で麻酔科の先生から、硬膜外麻酔もするとの話を聞きました。
脊髄の中に麻酔薬をチューブで送り込むという方法だそうです。
このチューブは手術後も痛み止めを送るため、暫くはそのままにするとの説明も受けました。
この麻酔をするために、その前に局部麻酔もかけるとか。
一体どのようなことになるのか、今の時点では想像もつきません。

全身麻酔による今回の手術、子宮の全摘出。
悲鳴をあげて大騒ぎして逃げ出したいのが本音です。
大声を出して泣いて許されるのなら、地面にひれ伏し土下座して許されるのなら、どんな惨めな事だって進んですると思います。
今までヘラヘラと平気な顔をしてたけど、本当は物凄く怖いんです。

誰だって体にメスを入れるのは嫌だと思うから。
だって全身麻酔です。
自力での呼吸が出来なくなるんです。
その為の呼吸器をもしも誰かが外してしまったら。
手術が無事に終わっても、もしも目覚める事が出来なかったなら。
そんな想像をするなというのは無理でしょう。
万が一が起こらない補償は何処にもないんです。
例える対象ではないけれど、安全と言われ続けた原発の事故のように。
現に東京の父は、簡単で安全と宣言された脳外科の手術で亡くなっているんですから。

看護師さんや大勢のナカーマの皆さんに応援されながら、私は今、手術室のベッドの上で静かに眠っているはずです。
楽しい夢を見ているでしょうか?
安らかな寝顔でしょうか?
苦痛に満ちた表情でないと良いのですが。

リアルの世界だけで生活していたなら、決して出会うことの出来なかった本当に大切な皆さんです。
どうか再び、心優しく温かな皆さんと楽しい会話が出来ますように。
その日が一日でも早く訪れますように。

それでは皆さん、頑張ってきます。
後日また、お会いしましょう!

その時まで・・・
    See You Later♪


  2011年9月5日(月) 6時30分 ルキノ

« 今夜はイブ? | トップページ | 真夜中の個室より »

コメント

お疲れさまでした(#^.^#)
あとは、回復を待つばかりだよね??
新しく生まれかわったルキノさんのこれからの
人生に幸多かれと祈ってるばい\(^o^)/

ルキノさん、新しい始まりですっsign01
こんにちはhappy01
不安になるのは当たり前です。
コワイのも当たり前。
だから、どんどん、言って下さいgood
今、想いは空間を超えて、ルキノさんのところに。
一歩一歩、前に進んで行きましょうclover

ルキノしゃん、と~まは入院経験がないように書きましたが、それは大人になってからのこと。6歳ころまでに何度も入院した経験があり、3回分の入院の記憶があります。
当時は余り幼児や病状に対する配慮がない時代でしたから、同室の方が急にいなくなったり、隣室の方が亡くなられたり、様々な生き死にに接することになってしまったのです。だから、私は入院手術の話で、間違いなく不安なルキノさんに更に頑張れとはいえなかったです。weep
少しでも楽しい気持ちでいて欲しかったです。
もし、元気なブログが次に読めたら号泣してしまいそうですが、おかえりと言えるのを待っています。待っているからねheart02

きっともう手術は無事に終わったと思ってます。
目覚めてなんだこんなもんかって
言うルキノちゃんの姿が見えます!
私 透視できるのでしょうか?(笑)
早く元気にな~~れ(^▽^)y

ルキノさん、手術お疲れ様。
早く回復して、好きなことが
たくさんできるようになるといいね。

うん、できますよ!

ルキちゃん、お疲れ様でした。
無事に手術終了と信じています。
手術が終わっても不安な気持ちはまだ消えてないかもしれないね。
でもこれからは良くなる一方のはず。
一日一日確実に、でも焦らないで治してね。
いつまでも待ってるから。
お大事に。

こんにちは(^^)/
お目覚めでしょうか?
お疲れさまでした(*^-^*)

私も硬膜外麻酔してもらいましたよ(^_-)-☆
術後の痛みが楽ですhappy01
そして・・・
え?もう?うっそぉ!という時期に「歩け」って言われますからね、覚悟しておいてください(▼▼メ)

無理をしないで休んでくださいね!

こんばんわ

今頃、術後の経過を見てもらいつつベッドで横になっている頃でしょうね。

自分も昨年、硬膜外麻酔をしてもらいました。
あれが効いている間は、あんまり痛くないというより、楽でしたよ。
3日目ぐらいかなぁ、硬膜外麻酔が切れてから痛みを感じ始めたのって。
それって、順序が逆でしょう、と思ったものでした。

回復のためにも、「歩け、歩け」って言われるし、リハビリは階段のぼりかもよ。
wink

ブログの再開を楽しみにしてます。

頑張れ、ルキノさん。

こんばんわ。
もう目覚めてる頃でしょう。
私も手術経験者です。
友人も半年前にルキノさんと同じ手術をして、
今ではすっかり元気になってますよ。
元気になっらまたポチッとしましょ♪

ルッキー

まだ 半分夢の中?

大丈夫 絶対 諦めない人間には 力が与えられるからshineゆっくり 回復していけばいいんですよ あせらずsign01くさらずsign01あきらめずsign01

流星ゼリーも17歳のあの夏、絶対 笑ってて元気いっぱいだったな一か月検査検査の入院生活、手術まで…と、ある 日曜日に、当時の 彼氏が来てくれて、脳手術の前日confidentダレモいない日曜の病院 一階 待合、ひろーーーい 廊下ベンチ、膝借してくれた、彼の ズボンが 涙でsweat02

お互いに 違う人との結婚でした、が、 二十数年たっても親友だよhappy01 色々あるって なんにもないよりも いいかな、なんて 思うのです、しんどうことも、ふくめて、ね。

ルッキーが
ここまで 全身全霊で臨むんだから 全身麻酔が切れた後 目を開いた新しい世界は 今迄通りでもあるし、今まで通りな中にも ルッキーが 深さをみつけることまちがいなしwink

ドトールの味も 格別にupかも・・・・・


りある 夢叶って 会えたりしたら もーもーもーーーーーーー 話が尽きないだろうねhappy02快気祝いhappy01だぁ~~~~~

ご無沙汰してますヽ(´▽`)/
きっと又一段と御元気になられたルキノさんになられるでしょう(確信してます)
最近自分の周りが父の入院等慌ただしく中々ルキノさんのブログに行けませんでした。

頑張れ~ヽ(´▽`)/

この記事へのコメントは終了しました。

« 今夜はイブ? | トップページ | 真夜中の個室より »

子猫のチーと遊んでね

福井のニュース


クリック募金


グリムスの森

お役立ちサイト