フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ご用はこちらへ・・・

  •   MAIL to ルキノ
        
無料ブログはココログ

366日の花個紋


« 新年度 | トップページ | 高額だ~!! »

2011.04.03

日本一の原発立地地域に住んでいます

ブログネタ: 原子力発電について、どう思う?参加数拍手

目に見える場所に原発が何基もある敦賀市に住んでいる身にとって、このブログネタだけは見逃す訳にはいきません。

想定外の事が起きたとはいえ、絶対安全と言い切っていた原発の今回の放射能漏れ。
あってはいけない事故。
地震の為ではあっても、何日経っても治まる気配の無い見えない恐怖。
絶対という言葉はありえません。
その言葉を安売りしていたツケが廻ってきたのでしょうか?

安全であるならば何故、その電力を使用する地域の中に原発を作らないのでしょうか?
産業の無い地域の活性化のために、働く場所を提供するためにだけという理由で、日本海側の人の少ない福井県に、こんなにも沢山の原発を作ったわけではないと思います。

資源の少ない日本で、安全かつ効率的に大きな電力を供給するためには便利なものかもしれません。
建設や施設の保守点検等で、多くの人が就職する場所を提供されました。
地元には『原発立地給付金』なるものが毎年支給され、市も県も国からの補償を貰っています。
このお金、最初は何で貰えるのかわかりませんでしたが、10年以上生活した今、その意味がわかってきました。
そんな補償をしなければならない、危険な地域に住んでいるんだと。

私の住む市内より、発電所に近い場所に住む人達は更に高額の給付金を貰っていると聞いています。
そのお金の為、生活にゆとりが出たという人もいます。
でもそれで良いのでしょうか?

原発に生活を委ねている人が多いため、市内では『危険だ』とか『廃止しろ』という言葉を未だに耳にしません。
そのような行動を起こす人も見つかりません。
逆に市長は敦賀3号機・4号機の計画が中止になるとの懸念で苦言を述べています。
 (産経ニュースより:政府エネルギー基本計画見直し 福井・敦賀市長が苦言
県からも、そんな言葉が聞こえてきました。
今、現実に起きている事を見て、よくもそんな事が言えるものですね。
市や県への交付金が入らなくなるから言えるのでしょうか?
一体どのくらいのお金が入ってきていたの?
よほどの高額だったんでしょうか?
これ以上の被害を抑えるために必死に働いている人の姿をTVで見るたびに、お金の事だけで物を考えている風にしか思えなくなってきます。

安全だと言っていた原子力発電所。
火力発電に比べると何倍もクリーンな発電かもしれません。
けれどもそれは安全にコントロール出来ていればのこと。
一度暴走を始めたら、人の手で食い止めるのは至難の業。
チェルノブイリでもスリーマイル島でも、何十年経った今でも放射能汚染が続いていると聞いています。

かといって、現在使用しているだけの電力をまかなえる能力のある発電方法が他にはありません。
水力発電では周囲の山から流入する土砂でダム湖は埋まるし、下流の生態系を破壊する。
火力発電は化石燃料を大量に燃やし、地球温暖化を早めます。
太陽光発電もまだまだ普及していないし、発電量も僅か。
風力発電も風が無ければ意味を成しません。
そう考えていくと、危険と隣り合わせでも原子力発電に頼るしかないのでしょうか?

ライフラインの一つである電気がなくては生活が出来ません。
オール電化の家では食事を作ることさえも出来なくなっています。
それだけ電気に頼り切った生活を、今、考え直す時がきているのかもしれません。

電力会社の皆さん、国のエネルギー担当の方々、安全と言い切るのなら、その電力を使用する地域の中に新たな原発を建設して下さい。
人口密度が少なく土地があるというだけで、その電力を使用することが皆無な地域へリスクを押し付けるのを止めてください。
何千メートルもの送電線を引いてまで都市に電力を届けている無駄を排除して下さい。
独りよがりな意見ですが、私はそう思っています。

« 新年度 | トップページ | 高額だ~!! »

コメント

原子力発電は、基本的に反対です!人間の能力を超えて仕舞っています。つまり、制御不能です。今回の福島原発で、証明されました。原理を発見したアインシュタインを責めるつもりはありません。ドイツが国家を挙げてソーラー発電を推進し、原子力発電を中止することを決めました。日本もそれに見習うべきです。原子力に代わる代替エネルギーを考えるべきです!

おはようございます(* ̄ー ̄*)

原発・放射能本当に怖いですよねpout

想定外・想定外と言いますが人生なんて全て

想定外の積み重ねです。これからも起こりうる事

です。今こそ同じ過ちを犯さないようにしっかり

未来を見つめてほしいものです。

>ゆめちゃんさん

こんばんは!
見えない恐怖、本当に恐ろしいです。
その中で必死に戦っている方々。
その人達は本社の社員ではなく、そのほとんどが下請けや孫請けの地元民。
原発関係の会社が多い敦賀市です。
そういう現実が判るだけに、今回のことには心が潰される思いです。
想定外という言葉だけで終わらせてもらっては困りますよね。
一日も早く終息を迎えることを祈るばかりです。

>みっちゃん3さん

こんばんは!
お時間とお手数をお掛けしてしまい申し訳ありません。

全ての判断がワンテンポずつ遅い日本政府の対応。
アメリカが冷却材を送る手筈まで取っていたのに、何故断ったのでしょう?
こうなることは想定外だったという一言で済まして欲しくない残酷すぎる現実です。

地元には雇用が発生し、公共事業でお金が入りますが、その為のリスクは少なくありません。
周囲にはそのことに気付かず、ぬるま湯につかったような生活をしている人が多々居ます。
なので反対活動は皆無、本当に信じられません。

このまま日本が滅びてしまうような事態にならないことを切に願うばかりです。
一日も早く終息することを祈って・・・

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。
私は必ずしも原子力利用には反対ではありません。しかし、安全であるという前提で利用するべきではないと思う。事故は必ず起き、必ず誰かが犠牲になります。その事実を受け入れたうえで利用するならすべきでしょう。
現実に、大多数の人間が、電力の浪費による快楽を享受している状況で、電力会社・政府だけを批判するのはどうかと思いますが、土地があるというだけで、一部の地域に、他の地域より高いリスクを押しつけるべきではないと思います。
話にまとまりがなくてすみません。このへんでやめときます。

>よんじさん

早くにお出で頂いていたのに、お返事が遅くなり申し訳ありません。

私も、基本的には反対ではありません。
現代社会では電気は無くてはならないものです。
ただその立地場所に対して、もっと考慮すべき点があったのではないかと考えています。
福島で非難されている中にも、涙ながらにその事を訴えている方がいらっしゃいました。

まもなく災害発生から2ヶ月経ちます。
一向に治まることのない見えない恐怖と今も戦っている方がいらっしゃいます。
その方々の努力が一日も早く実ることを祈ってます。

この記事へのコメントは終了しました。

« 新年度 | トップページ | 高額だ~!! »

子猫のチーと遊んでね

福井のニュース


クリック募金


グリムスの森

お役立ちサイト