フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ご用はこちらへ・・・

  •   MAIL to ルキノ
        
無料ブログはココログ

366日の花個紋


« 通院開始 | トップページ | 冷える日はツライ »

2010.05.26

低血糖

糖尿病の薬を使っている以上、いつかは来るよと言われていた低血糖を遂に起こしました。
話には聞いていたとはいえ、まさか自分がこんな目に会うとは思ってもいなかった。

正常な人の血糖値は80~100mg/dl。
空腹時でもそれより多い状態が続いている人は高血糖で糖尿病。
そんなことぐらいは理解していたんだけど、逆の症状もあっただなんて。
60mg/dlよりも下がると突然冷や汗をかいたり震えがきたり。
下手をすると意識不明の昏睡状態で命を落とすこともあるそうです。
人それぞれで症状は違うとの事でしたが、私の場合は突然の震えでした。

12時まであと20分という頃、お昼の準備をしていた手が突然震えだしました。
寒気の震えとは違う異常な様子に、聞いていた低血糖だと直ぐにわかって血糖値を測定しようとしても、指先が安定せずなかなか上手く出来ません。
何とか測ってみると46mg/dl。
これ以上下がると意識障害が起こる可能性がある危険な数値。
慌てて渡されていたブドウ糖を飲み、安静にすること15分。
血糖値も107mg/dlとなり、気分も落ち着きました。

まさか自分がこんなにも早く、低血糖の発作に見舞われるなんて思ってもいませんでした。
教育入院で教わっていたとはいえ、パニックになりかかりました。
そのくらいに酷い震えだったんです。
だけれど一度体験していれば、この先また同じようなことが起きても対処できると思います。
昼間だったから良かったこの発作、深夜に起きたらもっとパニックだったでしょう。
次に起こしても、落ち着いて対処できますように。
その為には自分の行く部屋全て、手の届きやすい場所にブドウ糖を準備しておかなくちゃ。
そして自分で出来ない時ように、ダンナにもしっかり伝えておきましょう。

« 通院開始 | トップページ | 冷える日はツライ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

子猫のチーと遊んでね

福井のニュース


クリック募金


グリムスの森

お役立ちサイト