フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ご用はこちらへ・・・

  •   MAIL to ルキノ
        
無料ブログはココログ

366日の花個紋


« ちょっとの幸せ | トップページ | う~ん(-_-;) »

2008.05.22

実はね(^^ゞ

報告が遅れましたが・・・
毎年恒例、GW開けの旅行で奥飛弾&上高地に行ってきましたwink
スキー以来の久しぶりの旅行なのに、行き先がまた山!
しかもまだ残雪が残ってるcoldsweats01
地元に降る雪は嫌いなくせして、なんでこんなにも雪山が好きなんでしょうね?

岐阜と福井の県境に中部縦貫道『油坂峠道路』が開通したお陰で、奥飛弾方面へ遊びに行くのがは本当に便利になりました。
こんな道を作る為にガゾリン税が使われるのなら大歓迎だよね~とはダンナの言葉。
だって数年前までは厳しい峠道しかなかったんですよ。
富山もしくは名古屋経由で5時間以上かかっていたのが、わずか3時間ほどで行けるようになったんですもの。
去年も行ったけど、今年もまた感動したいとの思いから出掛けてしまいました。

20080512shinhodaka飛弾の小京都、高山を通り過ぎて1時間弱。
奥飛弾温泉郷のさらに奥にある新穂高ロープウエイに。
日本で唯一の2階建てロープウエイに乗って、あっという間に標高2000m越えの世界。

200805121nishihodaka去年と同じに見える風景だけど、少し雪が少ないかな?
確か2メートル、超えていたよね?
そのお陰かもしれないけど、去年は見ることの出来なかった花たちに出会うことが出来ました。

20080512shiraneaoi2000メートルを超える山の上はもっと寒いかと思っていたら7℃。
陽射しもさんさんで上着要らずの気持ち良さ。
そんな散策路の脇に咲いていたのは紫色のシラネアオイ

20080512hakusanichigeそしてこちらは白さが目に映えるハクサンイチゲ
他の高山植物はまだ芽生えたばかりだったけど、この花たちが落ち着いた雰囲気で咲いていました。

20080513kappabashi飛弾高山で一泊して、翌日は上高地へ。
一般的に有名な大正池から河童橋までは既に踏破しています。
その事を母に話したら『明神池に行かないなんて・・・』と昨年言われてしまったんです。
神秘的で本当に綺麗だから、という言葉に押されて上流を目指します。

20080513yakedake河童橋周辺は有名な観光地と言うこともあり多勢の観光客が訪れて、とても静かな雰囲気なんて味わえません。
高山でもそうだったけど最近は台湾からの団体が多くって、ホントに日本語が通じない!
しかも立ち入り禁止の場所に平気で入ったり、草花を採ってみたり、どこでも気遣いなくタバコをふかしたり・・・
その行動に辟易しながら梓川の左岸を少し歩いていけば、もう観光バスのお客さんもまばら。
やっと静かになった小梨平キャンプ場で振り返れば、こんなにも美しい上高地を作った焼岳がどっしりと腰を据えていました。

20080513nirinsou鳥の声と梓川の流れる音しか聞こえない山道を歩いていくと、真っ白で可憐なお花畑が広がりました。
そよ風に可憐に揺れていたのはニリンソウ
上高地に春を告げる花の代表です。
そんな花を眺めていたら、頭上で聞こえたウグイスの美しい声。
自宅でも声だけは何度も聞いたことがあったけど、人を恐れず間近で鳴く姿を始めて目にすることが出来ました。
あんなにも小さな鳥だとは思ってもいませんでした。

20080513myoujindake河童橋から上流を目指すこと1時間ほど、明神地区へと到着しました。
ここより上流に向かう人達は、北アルプスの山々に挑む人たちです。
大きなリュックを背負い、装備もしっかりしたアルピニストが何人も登って行きます。
軽装な私たちはここまで。
橋を渡って、明神池に向かいます。

20080513myoujinhashi河童橋よりもこじんまりした吊り橋が明神橋。
川幅が狭くなって水量も少ないからチョット迫力はないけれど、人も少なくノンビリ橋を渡れます。
揺れる橋にダンナはビビッていたけれど、私はノンビリ。
真ん中付近で暫らく揺れを楽しんじゃった。

20080513myoujinike目的の明神池にやっと到着!
河童橋から歩くこと1時間半近く。
距離はおよそ4キロ。
穂高神社奥宮の神域と言うこともあり、入り口には鳥居。
その奥にある池はさぞかし静かなところ・・・と思っていったのに、ここにも多勢の人!
私たちが歩いた対岸は歩道が整備されて、ハイヒールでも来れるようになっていました。
風景は美しかったけどね。
母が出掛けたもう何十年も前は、もっと静かで良いところだったんだろうなぁ。
そう思いながら、写メを送って戻りの道を進みます。

20080513kamo快晴だったお天気もそんな気分に合わせたかのように段々と下り坂。
行きの道よりも整備された右岸で明神池を目指す多勢の人とすれ違いながら、河童橋へ戻ってくるとビックリするほど多勢の修学旅行生と日本語の通じない方々。
日本有数の観光地とはいえ、朝のラッシュかと思えるような混雑にどっと疲れが。
そんな時、足元に現れたマガモさん。
逃げることなく暫らく一緒に歩いてくれたこの鳥には本当に癒されました。

最初と最後の印象がいまいちだったけど、やっぱり上高地は素晴らしい場所ですね。
もし出来るならまた来年、違うコースを歩けると良いなhappy01

« ちょっとの幸せ | トップページ | う~ん(-_-;) »

コメント

ルキノさん、こんな素晴らしい場所にお出かけされていたんですね~(*^-^*)

やっぱり山の大自然は美しいですね~
これで、リフレッシュできましたね(*^-^*)b

それから、台湾の方が大勢みえているんですか。ちょっとビックリ!でも、よく考えると、日本人も近くの国に大勢いっていますものね。その逆パターンなのかな。

*おたこさん*

長い文を読んでくださってありがとうheart02
日本にはまだまだ美しい自然が残っているんだって、山に行く度に思います。
自家用車での観光も禁止になので少し不便だけど、観光バスやタクシーはOKなんですよね。
なので次々に到着する観光客にはチョット辟易。
本格的に山登りをされる真面目な方々には迷惑なんじゃないかな~って不安に思いました。

そうですよね。
日本人観光客もも海外で色々言われていましたよね。
それが今、台湾他の国々の方なんでしょうね。

この記事へのコメントは終了しました。

« ちょっとの幸せ | トップページ | う~ん(-_-;) »

子猫のチーと遊んでね

福井のニュース


クリック募金


グリムスの森

お役立ちサイト